税制の最近のブログ記事

広東省の個人所得税が全国トップ

2005年に広東省の個人所得税納付総額が283.87億元(深セン含む)に達し、同比44.23億元増で、増幅が18.46%、全国トップであった。
2005年に広東省の中心都市である広州市と深セン市は、個人所得税が172.12億元に達しており、同省全体の60.63%を占める。珠江三角洲地域で見れば、その個人所得税が全体の85.72%に達している。2006-04-04 13:23:31

タグ

2006年4月 4日

中国便利屋 (13:23)

カテゴリ:税制

中国、関税を再度引下げ

中国商務省はこのほど、乗用車の輸入関税を含む関税率をさらに引き下げると発表した。
中国商務省対外貿易局の霍建国氏は1日、国際的貿易摩擦の情勢について話し合う会議で、「今年、中国は、乗用車などの輸入品を含む一部製品の関税をさらに引き下げる」と発表した。また、「輸出政策を調整するとともに、輸入を拡大するため、一部の製品に対して優遇信用貸付を提供する」と述べた。
2005年、中国の貿易総額は、世界貿易総額の6.4%を占める1兆4000億ドルを超えた。2006-04-02 08:51:43

タグ

2006年4月 2日

中国便利屋 (08:51)

カテゴリ:税制

消費税制度に調整、ゴルフ用品など課税対象に

国務院の承認を受けて、財政部と国家税務総局はこのほど共同で通知を出し、現行の消費税の税目、税率、関連政策を今年4月1日から調整すると発表した。具体的な調整内容は次の3点。
1、新たに「ゴルフ用品」「高級腕時計」「ボート」「木製割り箸」「木製床板」などの税目を設ける。現行の「ガソリン」と「ディーゼルオイル」の2税目は、新たに設ける税目「製品油」の細目とする。また新たに「ナフサ」「ソルベント・ナフサ」「潤滑油」「燃料油」「ジェット燃料」の5細目を設ける。2、「皮膚・頭髪保護製品」の税目を削除する。3、現行の11税目の一部の税率を調整する。対象は「白酒」「小型自動車(小型乗用車、オフロード車、小型バスなど)」「オートバイ」「自動車タイヤ」など。
今回の調整は、消費税の制度的な調整であり、主として・環境保護と資源節約の促進・消費の合理的誘導と収入分配の間接的調整の実現に向けた措置という。
2006-03-22 16:35:49

タグ

2006年3月22日

中国便利屋 (16:35)

カテゴリ:税制

国有資産法が起草中

中国国務院国有資産監督管理委員会の黄淑副主任は5日、全国人民代表大会の財政経済委員会が現在"国有資産法"を起草しており、これは国有資産の財産権に関する調整、改革と財産権移動など問題を明らかにするものであると述べた。
2006-03-06 09:59:05

タグ

2006年3月 6日

中国便利屋 (09:59)

カテゴリ:税制

中国政府、新農村の建設を強調

2月21日、中国政府は『中国共産党中央国務院、社会主義的新農村建設に関する若干意見』を発表した。この2006年の中央政府"第一号文書"では、今年、全国範囲で農業税を廃止する上、食糧生産を中心とする地域において、食糧栽培による資金への直接補助規模が食糧リスク基金で50%以上アップという中国共産党第16回期第5次中央委員会全体会議で提出された新農村建設の重大な歴史任務を、今年更に発展させることを明らかにした。
2006-02-21 22:16:04

タグ

2006年2月21日

中国便利屋 (22:16)

カテゴリ:税制

昨年、個人所得税徴収が2000億元を突破

中国国家税務総局の発表によると、2005年に全国の個人所得税徴収が初めて2000億元を突破し、計2093.91億元に達した。
2005年に個人所得税の収入が前年度より20.5%上昇し、356.86億元の収益増加となる。その中に、国税システムが徴収した貯蓄預金利息による個人所得税が計356.61億元(同比11.2%増)、35.85億元の収益増加になった。
2006-02-14 11:23:02

タグ

2006年2月14日

中国便利屋 (11:23)

カテゴリ:税制

日米からの輸入ベンゾフラノールに反ダンピング措置

中国は、今月12日から、日本、EUとアメリカから輸入するベンゾフラノールに対し113.2%の反ダンピング課税を徴収しており、その期限は5年となる。
中国商務省は、これについて公告を発表したが、ベンゾフラノールは農薬などの化学製品を合成するために使われているもの。
2006-02-13 14:18:35

タグ

2006年2月13日

中国便利屋 (14:18)

カテゴリ:税制

米国等からの未漂白段ボール箱への反ダンピング課税を中止

中国は、アメリカ、タイ、韓国と台湾地区から輸入した未漂白の段ボール箱に対する反ダンピング課税を中止することを決めた。
中国商務省は13日コミュニケを発表し、「反ダンピング課税を今月の9日から中止した」としている。
昨年の9月30日、商務省は、アメリカ、タイ、韓国と台湾地区からの未漂白段ボール箱にはダンピング行為が存在し、中国大陸の関係産業に実質的な損害をもたらしたと裁定して、当日からのこれら国や地区からの製品に対して反ダンピング課税を決めていた。
2006-02-13 11:03:04

タグ

中国便利屋 (11:03)

カテゴリ:税制

香港、遺産税を正式に撤廃

香港は2月11日から、遺産税を正式に撤廃した。これまで、香港の税法によって、香港の永住民や仕事のために香港に居留する人も問わず、財産所有者の香港における資産が750万香港ドルを超える場合、死去後、遺産税を支払わなければならなかった。その税率は最高で資産価値の15%にも相当した。
香港特別行政区金融国庫局のスポークスマンは、「遺産税の撤廃により、さらに多くの投資者を誘致し、香港が引き続きアジア太平洋地区の主な資産管理センターになる」と述べた。
2006-02-11 19:24:30

タグ

2006年2月11日

中国便利屋 (19:24)

カテゴリ:税制

外国人などの所得税、免除額4800元に

北京市地税局はこのほど、外国人の個人所得税の課税免除額をこれまでの4千元(基礎控除800元+付加控除3200元)から4800元に引き上げると発表した。これは「個人所得税法実施条例」の改正による措置で、付加控除3200元は据え置かれるが、賃金・給与所得の基礎控除が800元増額されるため、外国人の控除額は4800元に増えた。
次の条件のいずれかに該当する人には、外国人向けの付加控除額が適用される。
1、中国国内の外資系企業・外国企業の外国人従業員。2、中国国内の企業や事業機関、社会団体、国家機関に勤務する外国籍専門家。3、中国国内に住所を持ちながら、国外から賃金・給与所得を受けている個人。4、財政部が定めるその他の者。5、華僑、香港・マカオ・台湾の人々。
2006-02-07 15:50:08

タグ

2006年2月 7日

中国便利屋 (15:50)

カテゴリ:税制

このページの先頭へ