労働/収入の最近のブログ記事

中英両国、人材交流計画をスタート

中国とイギリスは両国の政府や大学、企業の力を合わせて、学術人材を相手国の有名な大学での勉強・研究を支援する「卓越奨学金計画」を4日から正式に実施した。
この計画によると、中英両国は毎年、50人の中国の若い学者と5人のイギリス人大学生を相手国の一流の大学に行かせることになっている。イギリスのケリー教育相はこれについて「教育協力は英中関係の中心だ」との見解を示した。

タグ

2006年4月 5日

中国便利屋 (13:50)

カテゴリ:労働/収入

8割の女子大生は就職活動で性差別を受けた

労働社会保障省が北京と南京の大学生に対する調査によると、8割の大学四年の女子大生は、就職活動で性差別問題に遭い、9割の大3の女子大生は関連問題を聞いたことがあるという。
労働社会保障省の関係責任者は4日、女性が就業過程で遭遇する性差別問題について、国務院の法制事務所に報告しており、この問題は「就業促進法」(草案)に性差別を禁止する内容を取り入れ、現在、同法律草案は社会に向けて意見を募集中で、年内に登場する見込みと紹介した。

タグ

中国便利屋 (07:30)

カテゴリ:労働/収入

中国、都市部従業員の年平均給与を発表

中国国家統計局は30日、年度統計結果によると、2005年に全国都市部の従業員の年平均給与が18,405元で、2004年より2381元増となって、日給平均が73.3元(同9.5元増)と発表した。
また、労働・社会保障省の関連データによると、都市部の従業員の年間月平均仕事日数と勤務時間はそれぞれ20.92日間と167.4時間。2006-03-31 09:03:18

タグ

2006年3月31日

中国便利屋 (09:03)

カテゴリ:労働/収入

マカオ特区、失業率は同比0.2%減

マカオ特区政府統計および調査局は28日、2005年12月~2006年2月のマカオの失業率は3.9%で、2005年11月~2006年1月のレベルを維持しており、2004年12月~2005年2月と比べて同期比0.2%下降したと発表した。
また、当統計局の最新の就職調査によると、2005年12月~2006年2月にマカオの就職不足率が0.9%と明らかにした。2006-03-28 21:44:06

タグ

2006年3月28日

中国便利屋 (21:44)

カテゴリ:労働/収入

中国、出稼ぎ労働者の権益保護に尽力

中国国務院は27日、出稼ぎ労働者の権益保障やその就職の環境改善に向けて、出稼ぎ労働者問題の解決に関する指導的意見を発表した。
現在、中国では、農村部からの出稼ぎ労働者は1億2000万人を超え、主に加工製造業や建築業、家政および飲食などのサービス業界で働いている。
中国国務院のこの指導的意見はまた、「出稼ぎ労働者問題は、中国経済と社会発展の全般にかかわっている。出稼ぎ労働者の権益保障は最初に解決しなければならない問題だ」と強調している。2006-03-27 22:27:52

タグ

2006年3月27日

中国便利屋 (22:27)

カテゴリ:労働/収入

中国、3億人が英語を勉強

中国では現在約3億人あまりが英語を勉強しており、その数は全人口のおよそ四分の一を占めている。
これは上海で開かれた外国語教育法国際シンポジウムで明らかにされたもの。
中国では現在英語教育がすべての学校で実施されており、その学生数は1億人を超えている。専門家は、数年後に中国における英語の学習者は英語を母国語とする国の総人口を上回ると予測している。しかし、中国では依然として同時通訳や翻訳をこなす高レベルな人材は不足しているのが現状。2006-03-27 15:33:24

タグ

中国便利屋 (15:33)

カテゴリ:労働/収入

香港、24万人近く大陸で働く

香港特区政府統計局の調査によると、大陸で働く香港人は過去10年間に倍近く増加し、1995年の12.2万人から昨年の23.7万人まで上昇、香港全体の平均就業人数の7.2%を占めている。同調査によると、大陸で働く香港人のうち、15.3%がオーナーで、従業員が78%を占める。また、従業員の中に香港の現地法人が大陸へ派遣する駐在員が9割を占め、女性の比率が1995年の13.8%から昨年の24.5%までに上昇し、うちに30歳から49歳の人が約6割を占めている。2006-03-27 11:28:32

タグ

中国便利屋 (11:28)

カテゴリ:労働/収入

「トヨタ助学金」設立、中西部で人材育成

日本のトヨタ自動車は21日北京で、中国の宋慶齢基金会に2千万元を寄付し、「トヨタ助学金」制度を設立した。寄付金は、中国中西部地域の人材育成事業に充てられる。
同助学金は、同地域の大学20校から、学業・品行ともに優れた貧困家庭の学生を選抜して支給し、学業継続と能力向上をサポートする。2006年から2010年の5年間、毎年1校あたり10人を定員として支給する。支給金額は一人1年当たり5千元。支給開始から1年後、審査で受給条件を満たすと判断された場合は再度受給することができる(最長4年間)。事業終了までに1千人の学生を支援する計画だ。
2006-03-22 14:26:44

タグ

2006年3月22日

中国便利屋 (14:26)

カテゴリ:労働/収入

中国、社会保障体制を更に整備

中国の田成平労働社会保障相は19日北京で、「中国は変動している社会状況に対応するため、社会保障体制を更に整備する」と述べた。
これは、田成平労働社会保障相が「中国発展サミット2006年会議」で述べたもの。田成平労働社会保障相はその際、「現在、中国の社会保障体制が直面している問題には、高齢化が進んでいることや都市部と農村部の社会保障体制発展のアンバランス、それにこれまでの社会保障体制が多様化する就業形式に対応しきれていないことが含まれている」と指摘した。また、中国は社会保険制度を更に整備し、社会保険の適用範囲を引き続き拡大するため、「社会保険法」を一刻も早く制定する必要があると強調した。
2006-03-19 17:45:30

タグ

2006年3月19日

中国便利屋 (17:45)

カテゴリ:労働/収入

中米両国、高度翻訳人材の養成で連携

中国国内の高度通訳・翻訳人材を養成するため、中国とアメリカの双方はこのほど、連携して高度翻訳課目を設置することで合意した。
国家外国語局の話によると、ここ数年、中国と外国との科学技術や文化、経済などの面での交流が日増しに拡大される一方、現在国内では高いレベルの翻訳人材が非常に不足している。この他、中国で行われる国際会議が多くなっているが、同時通訳のできる人材がそれほど多くない。そのため、高いレベルの翻訳人材の養成がますます重要となっている。
こうした状況のもとで、政府の各省庁や大学などに翻訳面での優秀人材を養成するため、中国国家外国語局とアメリカのモネレイ翻訳学院が提携して、翻訳に造詣の深い専門家を派遣してもらい、高度翻訳養成課目を設置することになった。
2006-03-13 10:22

タグ

2006年3月13日

中国便利屋 (10:22)

カテゴリ:労働/収入

このページの先頭へ