ITの最近のブログ記事

国学、携帯電話SMSで勉学可能

中国の携帯電話利用者は4月3日からショートメッセージ(SMS)を通して、国学という中国の伝統文化を読むことができるようになった。
北京大学哲学部の責任者によると、携帯電話の利用者はショートメッセージを通して、北京大学哲学部の「乾元国学教室」の最新教育内容を学ぶことができる。
専門家は「国学がショートメッセージを利用することによって、時間帯と場所を問わず勉強することができ、より多くの国学愛好者に勉強の機会が提供できる」と述べた。2006-04-02 15:54

タグ

2006年4月 2日

中国便利屋 (15:54)

カテゴリ:IT

中国、ブログウェブサイトが500超

中国国家新聞出版総署と重慶コンピュータ新聞社が共同開催する「2005年-2006年度中国ITブランド調査活動」は先日、レポートを発表した。それによると、国内ではブログ(中国:博客)の運営ウェブサイトがすでに500を上回り、うちに初期段階の専門性格から、次々とエンタメ、レジャー、社会生活、感情婚姻と教育学習など分野へと人気を集めている。
今回の調査では、エンタメ、レジャーと生活感情をテーマとする"中国ブログ"が18.19%の関心度を獲得し、2004年の17.79%よりやや上昇した。2006-03-28 15:41:47

タグ

2006年3月28日

中国便利屋 (15:41)

カテゴリ:IT

第1回携帯電話ゲーム大会が北京で閉幕

第1回「移動之星杯」携帯電話ゲーム大会の総合決勝戦が26日に北京で閉幕した。
新作ゲーム『重装機兵之賞金與栄耀』、『小強のスパイチーム試験』など6本の携帯ゲームが最終の勝者になった。
今回の大会は2005年12月にスタートし、北京、成都、上海と重慶などの25の都市から約500名の携帯電話ゲーム設計愛好者が参加した。2006-03-26 20:30:01

タグ

2006年3月26日

中国便利屋 (20:30)

カテゴリ:IT

中国・ASEAN貿易の窓口である「南博サイト」開通

中国・ASEAN博覧会事務所が主催する「南博サイト」(www.caexpo.com)が、このほど北京でスタートした。このサイトは「ASEANを紹介し、ビジネスチャンスを掴もう」という主旨で、中国とASEANとの貿易の窓口の役割を果たそうというもの。このサイトでは中国とASEANの二国間貿易を行っている企業に情報を提供したり、販売や取引サービスを提供するなど、中国企業がASEANへ、またASEAN企業が中国へ進出する手助けをすることにしている。
2006-03-24 12:49:50

タグ

2006年3月24日

中国便利屋 (12:49)

カテゴリ:IT

IBMの独自開発センター、北京・中関村に設立

IBM社の新施設、中国創新センターが先月28日、北京市に設立され、同日テープカット式が行われた。式には、同社の周偉焜・大中華区董事長(代表)が出席。同社は、金融、電気通信、政府、小売、医療、製造など各業界のユーザー向けに提供する独自開発プラットフォームを初めて一般公開した。
新センターは市内の中関村ソフトウエアパークにあり、同社の中国研究センターや開発センターに隣接する。
2006-03-01 10:03:57

タグ

2006年3月 1日

中国便利屋 (10:03)

カテゴリ:IT

中国、".cn"ドメインのバージョンアップ完了

今年3月1日から、中国国内の科学研究機関、政府機構と国防関係のウェブサイトはトップクラスドメイン名".cn"に設置するAC、GOVとMILなどに対応し、アメリカのドメイン会社ICANNのコントロールから離脱する。
中国インターネット情報センターの関連責任者によると、中国インターネットの自主性を強めるため、中国の四つの".cn"ドメイン名はバージョンアップを完了し、同時に".cn"ドメイン名に用いるサブドメインサーバーも設置終了して、3月1日から、国内の科学研究機関、政府機構と国防ウェブサイトは".cn"のAC、GOVとMILなどの分類に対応し、ユーザー側が上述する国内重要機関のウェブサイトをアクセスする時には、直接国内のサーバーを経由することになる。
2006-02-26 20:16:23

タグ

2006年2月26日

中国便利屋 (20:16)

カテゴリ:IT

聯想社、今年にMS社より100億元相当のOSを購入

中国聯想(レノボ)グループの楊元慶・代表取締役は23日、2006年に聯想がMS・マイクロソフト社からの中国導入用OSを金額にして約12億元(およそ180億円)にし、聯想グループ(世界各地)にして約100億元(およそ1500億円)の購入になると述べた。
楊元慶氏は、北京で開催する「企業知的所有権保護と自主革新大会」で上述した。彼は、「これは中米の経済貿易協力の1つのシンボル的なプロジェクトだけでなく、中国企業の知的所有権保護面に対する尊重と決心を反映している」と語った。
2006-02-23 19:29:52

タグ

2006年2月23日

中国便利屋 (19:29)

カテゴリ:IT

中国企業界、正規版ソフトの使用を呼びかけ

中国の内資・外資系企業300社余りの代表らは23日、『企業における正規版ソフトウェアの使用宣言』を発表し、海賊版ソフトを使用しないよう全国の企業が取り組むことを申し合わせた。
同じ日、中国企業連合会は、他社の特許、機密技術、商標、デザインの盗用と、偽物商品の生産、使用、販売と流通を容認しないよう企業界全体に呼びかけた。
いま、中国の一部地区と技術関連分野で、著作権侵害行為が放任されていることから、知的財産権の侵害をめぐる訴訟が相次いで起き、中国の国際イメージを著しく汚している。
2006-02-23 18:56:08

タグ

中国便利屋 (18:56)

カテゴリ:IT

昨年、ネット利用者による消費額が135億元に

2005年、中国の電子商務市場が急速に成長し、ネットによる消費、ショッピングをしたネット利用者の比率は71.30%に達し、初めてアジア太平洋地区の70%の平均レベルを上回った。その消費総額は135億元に達し、2004年より280%増加したという。
これは、19日に中国社会科学院・インターネット研究発展センターが発表した「2005年中国電子商務市場調査研究報告」で明らかしたもの。
2006-02-20 13:23:04

タグ

2006年2月20日

中国便利屋 (13:23)

カテゴリ:IT

アジア・太平洋地域、昨年のパソコン販売が新高

アメリカの市場調査会社は先日、昨年に消費者意欲が強まったことで日本以外のアジア・太平洋地域でのパソコン出荷数が26.2%激増し、2000年以来の最高記録を作ったとのレポートを発表した。
米調査会社であるターナー社が発表したレポートでは、昨年、パソコン市場の増加が急激で、アジア・太平洋地域(日本を除く)での出荷数が4170万台に達し、特に昨年の第4四半期に出荷数が1160万台(同32.6%)になった。
また、当レポートによると、2005年にアジア・太平洋地域ではパソコンの市場占有率が聯想、ヒューレット・パッカード、デル、エイサーが依然としてトップ5をキープしており、うちにエイサーとヒューレット・パッカードの上昇が最も注目されているという。
2006-02-20 10:01:41

タグ

中国便利屋 (10:01)

カテゴリ:IT

このページの先頭へ