携帯電話の最近のブログ記事

国学、携帯電話SMSで勉学可能

中国の携帯電話利用者は4月3日からショートメッセージ(SMS)を通して、国学という中国の伝統文化を読むことができるようになった。
北京大学哲学部の責任者によると、携帯電話の利用者はショートメッセージを通して、北京大学哲学部の「乾元国学教室」の最新教育内容を学ぶことができる。
専門家は「国学がショートメッセージを利用することによって、時間帯と場所を問わず勉強することができ、より多くの国学愛好者に勉強の機会が提供できる」と述べた。2006-04-02 15:54

タグ

2006年4月 2日

中国便利屋 (15:54)

カテゴリ:携帯電話

天津、全世界1/10の携帯電話を生産

ここ数年、天津の携帯電話制造業は急速に発展しており、2005年にその生産高が6832万台に達し、およそ全世界の携帯電話総生産の1/10を占める。
中国の電子情報産業の収益率が最も高い地域として、天津は多くの外国投資家の目を引きつけた。1992年に米モトローラがアジア最大の携帯電話生産基地を天津に設置後、日本三洋、韓国サムスングループもここで投資し、工場を設置した。
世界の三大多国籍企業による強大な産業効果で、海外から約200社ほどの携帯電話関連企業が天津へ進出し、関連製品の生産が約400種類あまり、年産価値が200億元近くに達している。2006-03-30 10:07:52

タグ

2006年3月30日

中国便利屋 (10:07)

カテゴリ:携帯電話

中国、2008年までにすべての村で電話開通へ

中国情報産業省のけい国華次官は14日北京で、「中国は2008年までにすべての村で、電話を開通することになる」と明らかにした。
けい国華次官が当日「2006電信年」というイベントに出席した際に述べたもの。
けい国華次官は「今後2年、中国は農村部の電話普及率を更に高めるため、全国の村で電話を開通する。農村部の情報化レベルをアップさせるため、インターネットの利用を普及させていく」と強調している。
2004年から現在まで中国は農村部で電話を普及させるため159億元を投入し、現在、90%以上の村で電話を開通した。
2006-03-14 17:14:23

タグ

2006年3月14日

中国便利屋 (17:14)

カテゴリ:携帯電話

1.5億の携帯ユーザーが「グリーン」メールを受信

3月12日は中国の「植樹の日」で、1.5億の携帯ユーザーがこの日、義務植樹運動に関する「グリーン」ショートメールを受信した。
中国林業局のスポークスマンは、「携帯ユーザーへショートメールで環境保全に関する情報を送ることは市民の環境意識を高めることができ、義務植樹運動を推し進めるための新しい試みでもある。これは国家林業局がチャイナユニコム、チャイナモバイルと共同で企画したことだ」と述べた。
今年はネット利用者の植樹を呼びかける各種の新しいイベントの企画案も打ち出されることになっている。
2006-03-13 08:41:17

タグ

2006年3月13日

中国便利屋 (08:41)

カテゴリ:携帯電話

広東省、中国初の電話ユーザー数が1億を突破

広東省の電話ユーザーに関する最新の統計データによると、当省のユーザー数は1.06億で、中国では初めて電話ユーザー数が1億を突破する省になる。うちに携帯電話ユーザー数が6522.3万、固定電話ユーザーが3478.3万。
2006-03-02 08:41:51

タグ

2006年3月 2日

中国便利屋 (08:41)

カテゴリ:携帯電話

ソニー・エリクソン、4GBの音楽携帯を発売

ソニー・エリクソン社(中国)はこのほど北京市で、UMTS(欧州の第3世代(3G)移動通信システム)方式の音楽再生機能付き携帯電話「W950」など6種類の新機種を発売した。
新機種はハイエンドからローエンドまで全クラスをカバーし、それぞれ動画機能付き携帯や音楽携帯、ビジネス携帯などの分野で最先端をいく。特にW950は現時点で世界最大となる4ギガバイト(GB)の大容量を誇り、約4000曲の保存が可能な音楽携帯になる。
2006-03-01 17:45:05

タグ

2006年3月 1日

中国便利屋 (17:45)

カテゴリ:携帯電話

日系の苦戦、三菱は中国の携帯電話市場から撤退

日系の携帯電話端末メーカー・三菱数源移動通信公司(三菱移動)は26日、業績不振のため、中国市場から全面撤退することが社内会議で決まったと発表した。北京市、上海市、広州市の携帯電話部門を廃止し、杭州市の工場も閉鎖する。これに先立ち、東芝と松下もすでに中国市場からの撤退を決めている。
三菱移動の関係者によると、同社の研究開発、生産、販売、アフターサービスなど各部門の従業員は、北京の本部と営業部門の従業員も含め、全員が解雇される見通し。
現在、杭州工場は生産を停止している。市場で販売されている同社製品のアフターサービスは今後、販売店に引き継がれる予定。
日系メーカーは現在、中国の携帯電話端末市場では苦戦を強いられており、NECなど少数の例外を除き、軒並み伸び悩んでいる。
東芝、松下、三菱に加え、三洋と中国普天との合弁メーカーも、売上げを伸ばせない状況。市場参入の時期が欧米系メーカーより出遅れた上、現地化の面でも及ばなかったためとみられる。
2006-02-27 16:21:18

タグ

2006年2月27日

中国便利屋 (16:21)

カテゴリ:携帯電話

中国の携帯電話利用者数、4億人を突破

中国情報産業省の23日の発表によると、1月末まで、中国の携帯電話の利用者数は3億9800万人に達した。その成長傾向から、現在、全国の利用者数は事実上すでに4億人を超えたことがわかる。
また、今年の1月末まで、中国で携帯電話の普及率はすでに100人に30台という割合に達し、2001年から、中国は世界で携帯電話の利用者数がもっとも多い国となった。
2006-02-23 17:57:39

タグ

2006年2月23日

中国便利屋 (17:57)

カテゴリ:携帯電話

広東省、電話ユーザーが1億を突破

広東省はわずか10年間で、電話加入するユーザー数が1億ユーザーを上回った。
広東省通信に関する最新統計データによると、2月19日まで、当省の固定電話ユーザー数が3,4797,314に達し、携帯電話ユーザー数が65,252,448ユーザーで、合わせて全省の電話ユーザー数が計100,049,762ユーザーに達した。この数字は当省の定住人口数を上回った。
2006-02-20 17:57:41

タグ

2006年2月20日

中国便利屋 (17:57)

カテゴリ:携帯電話

昨年、中国の携帯電話を2.28億本輸出

中国は世界の携帯電話の生産基地としての地位がいっそう明らかになった。中国商務省が先日公表したデータによると、2005年に中国の携帯電話を2.28億本輸出しており、2004年に比べて56%増となって、輸出金額にして206.35億ドル(同比45.7%増)に達した。
2005年、中国の貿易黒字が1000億ドルに達し、2004年の320億ドルよりはるかに上回った。その中に電子製品の比重が大きく、2500億ドル超で、全国輸出全体の1/3分を占めると予測している。
2006-02-15 10:52:32

タグ

2006年2月15日

中国便利屋 (10:52)

カテゴリ:携帯電話

このページの先頭へ