マカオ特区、失業率は同比0.2%減

マカオ特区政府統計および調査局は28日、2005年12月~2006年2月のマカオの失業率は3.9%で、2005年11月~2006年1月のレベルを維持しており、2004年12月~2005年2月と比べて同期比0.2%下降したと発表した。
また、当統計局の最新の就職調査によると、2005年12月~2006年2月にマカオの就職不足率が0.9%と明らかにした。2006-03-28 21:44:06

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録      

タグ

2006年3月28日

中国便利屋 (21:44)

カテゴリ:労働/収入

« 今年2ヶ月、中国ハイテク製品の輸出額が3割増 | ホーム | 上海交通銀行、昨年の純利潤が92億元 »

このページの先頭へ