中米両国、高度翻訳人材の養成で連携

中国国内の高度通訳・翻訳人材を養成するため、中国とアメリカの双方はこのほど、連携して高度翻訳課目を設置することで合意した。
国家外国語局の話によると、ここ数年、中国と外国との科学技術や文化、経済などの面での交流が日増しに拡大される一方、現在国内では高いレベルの翻訳人材が非常に不足している。この他、中国で行われる国際会議が多くなっているが、同時通訳のできる人材がそれほど多くない。そのため、高いレベルの翻訳人材の養成がますます重要となっている。
こうした状況のもとで、政府の各省庁や大学などに翻訳面での優秀人材を養成するため、中国国家外国語局とアメリカのモネレイ翻訳学院が提携して、翻訳に造詣の深い専門家を派遣してもらい、高度翻訳養成課目を設置することになった。
2006-03-13 10:22

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録      

タグ

2006年3月13日

中国便利屋 (10:22)

カテゴリ:労働/収入

« コラマイガス田の産出が2千万トンに達する | ホーム | 中国工商銀行の不良資産率が2.5%以下に »

このページの先頭へ