8割の女子大生は就職活動で性差別を受けた

労働社会保障省が北京と南京の大学生に対する調査によると、8割の大学四年の女子大生は、就職活動で性差別問題に遭い、9割の大3の女子大生は関連問題を聞いたことがあるという。
労働社会保障省の関係責任者は4日、女性が就業過程で遭遇する性差別問題について、国務院の法制事務所に報告しており、この問題は「就業促進法」(草案)に性差別を禁止する内容を取り入れ、現在、同法律草案は社会に向けて意見を募集中で、年内に登場する見込みと紹介した。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録      

タグ

2006年4月 5日

中国便利屋 (07:30)

カテゴリ:労働/収入

« 中銀、金利の引上げを考慮してない | ホーム | 衛生省、化粧品による不良反応の注意を呼びかけ »

このページの先頭へ