衛生省、化粧品による不良反応の注意を呼びかけ

中国衛生省は4日、2005年に化粧品による不良反応の監視測定報告を通達し、昨年中に、各監視測定部門が化粧品による不良反応の案件1053例を発見した。うちに男性57例、女性996例。年齢が20~40歳に集中しているという。
通達はまた、化粧品による不良反応の病理から見て、1053例のうち、"化粧品接触性皮膚炎"が最も多く、計939例。関連する化粧品が計2295種類と明らかにした。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録      

タグ

2006年4月 5日

中国便利屋 (07:42)

カテゴリ:生活

« 8割の女子大生は就職活動で性差別を受けた | ホーム | 超長バスが杭州で試運行 »

このページの先頭へ